得点を入れるには堅守速攻で

世界レベルになると、とにかくシュートを打てないと勝つことができないと言われています。
ましてや大会などで優勝を狙っているなら、得点なくしてメダルを獲得することは不可能です。
最近のハンドボールはとにかくオフェンス重視なので、ハイスコアになることがほとんどです。

しかし、守備をしなければ勝てないのも事実です。
オフェンス重視という風潮だからオフェンスを強化するのではなく、
ディフェンスを強化してチーム力をあげることが大切になってきます。

効率よく得点をあげるために必要なことは堅守速攻です。
守ってパスカットやブロックからボールを奪ったからこそ、速攻することができるわけです。

ディフェンスが足りないチームが多いので、
チーム力をアップさせるためにも守備を徹底することをおすすめします。

強いチームほど守備がしっかりしている

実は得点力が高いチームほど、守備がしっかりしています。
そういった強いチームは守備が勝利への近道であることを理解しているわけです。
勝つためにはディフェンスがしっかりしていないといけません。

とはいえ、ディフェンスはオフェンスよりも難しいものです。
それにディフェンスほど練習でつまらないものはありません。
しかし、ディフェンスを強化するためには着実に練習と経験を積み重ねるほかありません。

地味な練習でも積極的に動いて、ディフェンス能力を向上させましょう。
ディフェンスリーダーになると、チームからの信頼は大きなものになります。
強いチームを目指すなら、やはりディフェンスを磨く必要があります。

ハンドボールの基礎知識

ケガを予防するためのアドバイス

ページの先頭へ戻る