基本ルールを理解しておこう

ハンドボールの基本ルールについて詳しく解説したいと思います。
まず、ハンドボールで使用するコートですが、サイズは40m×20mと決まっています。

ゴールのサイズは高さ2m×幅3mとなっており、
他のスポーツでいうとほぼフットサルと同じ条件になっています。

ゴールエリアラインはゴール前方6mで、
ゴールラインから7mの距離で長さ1mのラインを「7mライン」と呼びます。

また、選手が交代するために使用するラインを「交代ライン」と呼び、
センターラインから長さ4.5mとなっています。

続いて競技時間ですが、高校生以上は前後半30分ハーフで行います。
中学生は前後半25分ハーフとなっており、いずれも休憩時間は10分です。
前後半で勝負がつかない場合は延長戦となります。
後半終了後、5分の休憩をはさんだあとに10分間の延長戦が行われます。

チームについてですが、ゲームに参加できる人数は1チーム7名と決まっています。
CP6名(コートプレイヤー)、GK1名(ゴールキーパー)です。
ちなみに選手の交替は自由に交替エリアからでき、制限は設けられていません。

ユニフォームは必ずCPとGKが異なる対照的な色を着用しなければなりません。

ボールの扱い方などについて

ハンドボールにおけるボールの扱い方について詳しく説明します。
まず身体で使用することが許されている部分は「膝から上」となっているので注意が必要です。
また、ボールの保有時間は3秒までと短いので迅速な判断能力が求められます。

ステップの範囲としては3歩まで許されていますが、
ジャンプしてキャッチした場合は0歩としてカウントします。

また、いずれにしても足でボールを捌くことはできません。
ボールに足で触れてしまうと反則となるので注意しましょう。

続いてスローについてですが、スローオフは試合開始、失点後に行われるものです。
センターライン中央から行い、レフェリーの合図した後3秒以内に行わなければなりません。
その際、相手選手は3m以上離れるのがルールとなっています。

最後に反則について解説していきます。
得点機会が明らかだったのにそれを阻止された場合、「7mスロー」が与えられます。
また、守備側選手がゴールエリアに入った場合も7mスローとなるので注意しましょう。

7mスロー以外の違反はすべて「フリースロー」が与えられます。

また、ボールホルダーは基本的に3秒しか持つことができないため、
以下のファールに中止しなければなりません。

1:オーバータイム

3秒以上ボールを持ってしまうこと。

2:オーバーステップ

ボールを4歩以上持って歩いてしまうこと。

3:ダブルドリブル

これはバスケットボールと同様で、ドリブルしたボールを一度持って、再びドリブルすることです。

4:プッシング

相手選手を押したり突き飛ばしてしまうこと。

5:キック

キーパーは足に触れてもいいですが、コートプレイヤーは足でボールを扱ってはいけません。

6:パッシブプレー

攻撃する姿勢が見られずに消極的になり、チームがボールを所持しようとすること。
いずれにしても攻める姿勢を見せなければなりません。

ハンドボールの基礎知識

ケガを予防するためのアドバイス

ページの先頭へ戻る