フェイントで相手DFとの駆け引きを制する

ハンドボールで試合を優位に進めるためには、相手DFとの駆け引きを制することです。
特にドリブルで仕掛けるためにはフェイントを状況によって変える必要があります。
いつも同じフェイントを多用していても、状況を打開することはできません。

相手DFに読まれないフェイントをすることが大切で、確実にチャンスを作ることが急務となります。

たとえば、右利きの選手がレフトバックからチャンスを作り出そうとしている場合、
重要なのは立ち位置となります。
相手DFは抜かれることを警戒しているため、半身になっている状態です。

相手DFはとにかくシュートを打たせないことが仕事なので、
まず利き腕の自由を利かせないようにディフェンスをしてきます。
この時点から相手DFとの攻防がスタートします。

基本的にハンドボールは左右どちらからでも仕掛けられる位置に身を置くべきですが、
実戦では無難なスタイルを取ることが多いため、半身が基本となると思います。
ですので、相手DFとの距離間に注意しながら、フェイントを巧みに使って抜き去りましょう。

相手DFとの距離間はどれくらいがいいか?

相手DFとの距離間は人によってまったく違うと思います。
自分がドリブルで抜き去ることができる間合いを保つことが大切です。
しいて言えば、お互いに腕を伸ばした距離というのが適切な距離間と言えます。

この距離間であれば、まず相手DFからかんたんにボールを奪われることはないはずです。
逆にボールを奪われないために余裕ある距離間を持ってしまうと、
抜き去る間合いでないため、オフェンスが失敗することがあるので注意しましょう。

ポイントとなるのは、あくまでボールが取られないギリギリのポジションを取ることです。

実戦になると攻撃を繰り返していくごとに距離が詰まってしまうことが多いです。
その場合は攻撃をするたびにバックステップで距離感を確保してください。
間合いを調整することができれば、リスタートすることができます。

いずれにしても、相手DFのマークを外す動きを常に考えて行動しましょう。

ハンドボールの基礎知識

ケガを予防するためのアドバイス

ページの先頭へ戻る