汗をかいたらしっかりと拭くこと

ハンドボールはとにかくスタミナを使うスポーツです。
野球やサッカーと比べるとコートは狭いですが、
その分コートを縦横無尽に動き回る必要があるので、
大量の汗をかくスポーツとして知られています。

ハンドボールをすでにやられている方なら説明するまでもありませんが、
汗をかいた後はしっかりと拭くことが大切になります。

大抵の人は汗をかけばすぐにタオルなどで拭くのですが、
なかには汗を拭かない人もいます。

これは性格的な問題だと思うので仕方がないことなのですが、
やっぱり汗は拭いたほうがいいですね。

なぜなら、拭かないと体が冷えてしまうので、動きに大きく影響します。

ベストコンディションを維持するために必要なことは適度な熱を持っていることです。
人間は汗をかくことで体を冷やそうとする動物で、汗を拭かないと水分によってどんどん冷えてしまいます。

もちろん、熱を持ちすぎても素晴らしいプレイはできないわけですが、
あまりにも体が冷えてしまうと調子よくプレイができないはずです。
また、体の冷えを防止する以外にも汗を拭いた方がいい理由があります。

それは「ニキビ」です。
汗を拭かないと雑菌が発生しやすくなるため、ニキビができやすくなります。

すぐに汗を拭けば、ある程度清潔な状態を保つことができるのですが、
汗を拭かないまま放置してしまうとニキビの原因となる雑菌が増加することがわかっています。

ですので、汗をかいたらすぐに拭くという習慣をつけたほうがいいですね。
そうしないとプレイよりもニキビが目立ってしまう顔になってしまうかもしれません。
それもまた悲惨なので常に清潔な状態を保つように心がけてください。

ニキビ予防にハンドボールは効果的?!

よくニキビができるという人は、皮脂の質が悪いかもしれません。
サラサラの汗は健康的な証ですが、ベタベタした脂が混じった汗はいいものではないようです。
ベタベタした汗は毛穴を塞ぐ原因にもなりますし、改善しないとオイリー肌になってしまうこともあります。

皮脂の状態を改善するためにもっとも有効なのは「運動」です。
運動は血流を良くするので健康を維持するためには欠かせません。
それに汗をかくことによって、汗の皮脂の状態も変わってきます。

汗をかくということは毒素を出すということにもつながるのでとても重要なことです。
つまり、汗を流さないとニキビの原因になってしまうことも考えられます。
汗が流れるということは毛穴がキレイな証拠ですし、不要なものを外に排出している証拠です。

つまり、ハンドボールなどの運動をして汗をかくことはニキビ予防には効果的ということです。
もちろん、ハンドボールそのものがニキビ予防にいいわけではありません。
運動することによって汗をかくことが効果的という意味です。

運動不足な人ほど不健康になりやりすいため、どうしてもニキビができやすいようです。
ただし、ハンドボールなどの運動をしている人でもニキビできやすい人は存在します。
ニキビの原因はひとつではなく、無数にあることがわかっています。

せっかくスポーツで汗をかいても、肌が荒れてしまったらストレスになってしまいます。
ひどくなるとプレイに影響することもありますので、プレイ後の肌のケアも意識したいところですね。

あせもやニキビなどができないように、正しいケアをしてスポーツを楽しみましょう。


ハンドボールの基礎知識

ケガを予防するためのアドバイス

ページの先頭へ戻る